末永整骨院・光 ご依頼 足育を通じての運動指導研修会

1月26日、山口県宇部市 「末永整骨院・光」ご依頼、足育を通じての運動指導研修会をさせていただきました。

 

 

「末永整骨院・光」は、ありがとう整骨院、介護施設の健幸村、体幹トレーニング施設の体育幹、フットケアセンターを併設。

「共に健幸で笑顔づくり・共に豊かになる」を理念に色々な年代の方々が来院されています。

院長の末永成一先生は、みらいクリニック認定のフットコーディネーター。
とても素敵な先生です。ご依頼くださいまして、ありがとうございました。

ゆびのば体操などの指導、ゆびのばソックス、靴、シューレーシングなどもお取り扱いされています。

 

今回の内容は、整骨院での現場、介護の現場、体幹トレーニングのキッズ運動教室、スポーツ選手の足育など、色々なお話をさせていただきました。

足育を以前からとりいれられており、足育に詳しい方々ばかりなので、アライメントチェックなど細かい内容もお話。

介護現場での、簡単で体が楽になる方法。

ゆびのば体操・ゆびのばソックス着用で体がどのように変わるか。
足裏の圧や、姿勢の変化。足の測定後のアライメントチェック方法や、その後にどう運動指導につなげていくか、等々…

どんな年代も体を整えていくには、足元からおこなうと体が安定して逆戻りしにくいのです。

特に子どもから大人までのスポーツ選手の足育運動指導についてのご要望があったので色々な症例を用いてお伝えしました。

怪我をしてお体を見せていただく際に、いつも伝えていることは、

「怪我は、自分の体を知るチャンス。
怪我する場所こそ、自分のウィークポイントや、捻れ、歪みがある場所。
そこが解決したら、もっとパフォーマンスがあがる、のびしろでしかない。
怪我する前より、いい状態に体を作り直すチャンスがきているだけ!」

その選手の怪我する前の試合動画を、何度も何度も見て、今回の怪我につがった動きや、改善点を見つけ、怪我前より骨格を整えて、パフォーマンスをあげるトレーニングプランをたてる。

必ず、足からの骨格を整えてから、筋肉をつける。そうすると、関節の捻れがないからいい筋肉がつき、楽に動けてパフォーマンスがあがります。

 

 

 

とっても熱心で、素晴らしいスタッフの皆様ばかり。
色々な質問が次々にでて、本当に真剣。

 

宇部にお近い方で、足のお困り事がある方、ぜひ行ってみられてくださいね。

とても楽しいお時間をありがとうございました。

 

 

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です