名医のTHE太鼓判 足指リセットで全身の不調改善SP 足指のばし

名医のTHE太鼓判 大注目! 足ゆびのばし1日3分で腰痛改善

本日、1月28日 月曜日
「名医のTHE太鼓判」 足指リセットで全身の不調改善SP 足指のばし
見られましたか?

見逃してしまった方!
見たけどもう一度復習したい方!
2~3分で読めるのでぜひご覧ください。

足ゆびのばし 1日3分で腰痛&膝痛&冷え改善

みらいクリニック 今井一彰院長出演!
足の機能や足指のばしの方法についてわかりやすく説明されました。

1日3分で、腰痛の女性が、72キロの今井先生をかかえています!!
いつみても、驚きの写真ですよね。

グー、チョキ、パー出来ますか?

足指じゃんけん出来ますか?
脚の健康状態がわかります。


足指じゃんけんが出来ない人には共通点がありました。
それは、足の変形です!

外反母趾

浮き指(サンダルなど大きい靴を履く人に多い)
女性の3人に1人が浮き指!!

赤ちゃんの足が理想的です。

足に合わない靴を履きつづけたり、
ストッキング・靴下で圧迫されることで足はどんどん変形していくといわれています。

足は全身を支える土台、その形が崩れると膝や腰へと連鎖するように全身が歪み、腰痛、膝痛、肩こりをまねいてしまいます。
最近、つまずきやすい、腰痛、膝痛、などの痛みがあるのは、その問題を抱えた足に原因があるかもしれません。

足指変形とは

膝痛に悩み女性。足を見ると、内反小趾がありました。

小指は本来足の左右の揺れを防ぐストッパーのような働きをしています。しかし小指が歪むと徐々に外側に倒れていってしまうというのです。それがO脚をひきおこし、痛みの原因となるのです。

上記の写真左 膝痛・むくみの状態から、写真右膝痛改善、むくみも減りほっそりしています。

体幹&膝痛改善 足指のばしですね。

1日3分で足の不調を改善、足ゆびのばし

次に、足指のばしのやり方をご説明します。

足指伸ばしは、足の指を軽く反らす曲げることで、土台が安定して腰・ひざ・姿勢など、全身の不調を解決することにつながる。
足の機能を本来の状態にもどし全身の状態を改善する事の出来る体操です。

 

詳しい方法が知りたい方は

こちらに書いています

フラフラ歩行も改善

歩くとフラフラする溝口さん、足をほとんど使って歩いていないため、足指の筋力低下して足の接地面積が減少していました。

 

足指のばし後には歩くときの安定感が増していました。

足全体が地面についた感じ。体幹が安定すると転倒リスクが減ります。引き続き、毎日自分で行う事が大切ですね。

スタジオの皆様も驚きの変化

腰痛持ちの田山涼成さんと、藤本敏史さん(フジモン)にもスタジオで足指伸ばし(ゆびのば体操)されていました。
足指伸ばし(ゆびのば体操)前後で体のふらつきの違いに、ご本人もスタジオの皆様も驚きでした!

グラグラの体が大変身。

 

紫吹淳さん、かとうかずこさん、2週間の足指のばしに挑戦

紫吹淳さん、極度の末端冷え性ということ。また、外反母趾と内反小趾の複合型。

この足指変形と冷えは関わりがあります

冷えというのは血行障害です。足指のさきまで毛細血管が通っている指が変形することで血液が滞り冷えがおこるのです。

1日3分ゆびのば体操でこんなにも変化が!

最後に、紫吹淳さんが冷えすぎて痛かったのがなくなったと話されていました。

 

かとうかずこさん、
歩行時の足圧を測定したところ、左右アンバランスな使い方をしていると判明。
左足の中指、薬指、小指が指がありませんね!

片足立ちで、足の筋肉やバランスを調べるテストをした結果、中高年の女性であれば、30秒~1分が標準ですが、かとうさんは25秒  バランス能力が欠けていることが判明

体のバランスが悪く重心がとれずに歩いていることが膝痛、腰痛に負担をかけている原因の一つになっていました。

2週間のゆびのば体操後には、歩き方が非常に良くなり、歩行時の足圧の左右のずれが治っていました。片足立ちも35秒と10秒もアップしていました。

 

バランス能力改善です。かとうさんが、「グラグラ度が違う」と、おっしゃっていました。

 

もう一つ大切な足の機能

足指の本来の機能を取り戻す、足指のばし。

正常な足を保ち転倒などを防ぐには、もう一つ大切な足の機能が!

足の健康を保つには力を保つことも大切です。
それが、把持力(はじりょく)です。足の指でつかむ力のこと。
と、整形外科医 戸田佳孝先生が説明されていました。

これがなくなると、足の踏ん張りがきかなくなり転倒のリスクが高まります!

足の指で反対側のアキレス腱をつねります。つねってもまったく痛みがないというのは把持力の衰え。

ハイヒールや足に合っていない靴を、長時間履く。また、運動不足でも把持力は衰えていきます。

把持力アップトレーニング

使うのは、ペットボトルのキャップ。床に逆にしておきます。それを足の指でつかみます。

つかんだまま、脚を横、後、前へと動かします。

ポイントは背筋をのばすこと。
バレリーナが体幹の筋肉やバランスをとるためのエクササイズです。

オススメの本

足や、足指のばしについて、詳しく知りたい方は今井一彰先生の著書 「足腰が20歳若返る足指のばし」がオススメです。
あなたの足はどんな足でしょう? 読みながら、ご自分の足をみてみましょう。 とてもわかりやすいです。(下記からご覧できます)

 

 

まとめ

土台の足の変形が腰痛、膝痛、むくみ、冷え、の改善、転倒など、色々なことを引き起す原因の一つになることがわかりましたね。

どんなにいいことも、知っているだけでは効果がありません。
今井先生がおっしゃっていたように、ぜひ毎日足指のばし(ゆびのば体操)を続けましょう!!

 

足指のばしの方法が詳しく知りたい方、足をお一人お一人みて欲しい方は、フットカウンセリングにお待ちしています。(山口県 岩国市にて)
グループレッスンの足育ウォーキングレッスン足育講座・講演会(全国どこでもうかがいます)行っています。

お問い合わせはこちらから

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です