世界一受けたい授業 足指ストレッチ、足についてわかりやすく解説 足が痛い、ひざ腰が痛い人必見!番組内容

10月27日(土)の世界一受けたい授業で、足のトラブル、ひざや腰の痛みに効果的な、足指ストレッチや、爪の切り方、歩き方が紹介されました。
見るのを忘れた方、見ようと思ってもうつらなかったかた、復習に等々…の為に、簡単にご説明しますね。

世界一受けたい授業 2時限目 腰痛・むくみ・外反母趾にお困りの方は足指を広げよう

足指の事を説明された先生は、みらいクリニック院長 今井一彰先生。

現代人は、足指の間が狭く
バランスが悪い人が多い!

 

女性の4人に一人が外反母趾
(親指が小指側に曲がっている)

子供たちの間にも右側の写真のような足指トラブル(浮き指)が多いのです。

 

これらの足指トラブル、
足指を広げることで改善できるとしたら、
してみたいと思いませんか?

 

 

さてここで問題です。

足指を広げると○○ができる

何だと思います???

 

正解は重いものを支えることが出来る

79歳のかたが、72キロの男性を支えることができる!驚きですよね。

 

 

昔は、はだしの生活で足指がしっかり開いていたので体に負担をかけず一番力が出せる姿勢が自然にとれていたのです。
だから、この写真のように重いものも軽々抱えることができるのです。

足指を広げるという授業 足指ストレッチとは?

腰痛、むくみ、外反母趾は 足指を広げよう!

みらいクリニック院長
今井一彰先生です。

足指を広げ、体の軸を安定させる 足指ストレッチのやり方

①足の指の間に手の指を入れる。
やさしく握って足の甲の方向に反らせる、足裏方向に曲げる。
5秒ずつとめておきます。

左右10セットずつ行えばOK!優しく、ゆっくりが大切なポイント!!曲げすぎない、反らしすぎないように、ほんの少し動かすほうが効果がありです。吉本実憂さんも、驚かれているほどでした。
はじめに、グラグラしていた吉本実憂さんが、72キロの今井先生を支える事が出来ました。

体に軸が出来た!と、吉本実憂さんが喜ばれていました。

詳しく足指ストレッチを知りたい方は→

なぜ吉本実憂さんが足指ストレッチだけで、重いものを持ち上げることが出来たのか?

は体を支える土台、
足の指を広げると土台が安定するのです。

人間の理想的な足の形は扇形です。赤ちゃんの時は、みんなこの形です。
足に合わない靴を履き続ける
靴下、ストッキングで日常に圧迫されると、徐々に脚の形が崩れてしまいます。

その足の崩れの代表が、外反母趾、内反小趾、その両方の棺桶型(かんおけがた)


 

脚の形が崩れると
体のバランスも崩れます

立ってるだけで無理な体勢になったり無駄な筋肉を使うことによって、腰痛・肩こり・ひざ痛など様々な体の痛みを引き起してしまうのです。

詳しくは、足育

足にとって必要な3つの○○とは?

 

足にとって必要な3つの○○とは?
3つのアーチです。
足には内側、外側、横アーチの3つがあり衝撃吸収作用があります。アーチ構造は上からの重さに強い為、小さな足の面積でも大きな体を支えることができるのです。

内側縦アーチ
踵から親指にかけての縦アーチ。ここが しっかりしていれば、土ふまずがキレイにでます。
外側縦アーチ
踵から小指にかけての縦アーチ。
横アーチ
親指の付け根から小指の付け根にかけての横にアーチ
扁平足がよくないというふうにいわれますがそれは 踵から親指にかけての内側縦のアーチがなくなってしまうからです。
アーチがなくなると、着地した時に衝撃を和らげるクッション機能が失われて、膝や腰にダメージが加わり膝や腰の痛みにつながってしまうのです。

内側縦アーチ(土踏ますアーチ)その他のアーチをを取り戻すためには先ほどの、足指ストレッチがオススメです。

最近増加中、足のトラブル 浮き指とは?なぜなるの?

しっかり足指が地面についていない、浮き指が最近増えています。
原因は、
だしで歩かなくなったこと。
②合わない靴を履き続けること。

そして、大切な事!
深爪です。
足の爪は、地面からの圧力を押さえる役割がある。深爪だとその役割が果たせなくて、浮き指になってしまうのです。

 

理想の爪の切り方

①真上から見たときに指先の皮膚が隠れていること
②爪の先を四角く切る

親指の爪が反っている(上を向いてはえている)かた、靴下の親指の爪の辺りに穴があくかたは立派な深爪です。

爪の切り方は、ぜひお気をつけくださいね。

足指を広げるトレーニングとは?

足指トラブルを解決するのに大切なのが足指を広げること!
足指を広げるトレーニング3つをご紹介

①後ろ歩き ポイントは通常の前歩きでは踵着地だけど、後ろ歩きでは足裏着地するために普段より足指をよく使う足指を広げることが出来る

②小股歩き ポイントは着地です。大股歩きは踵から着地してしまいます。小股歩きでは足裏全体で着地するため足指をしっかりと使って歩けるのです。(1日1分)

③足指ストレッチ 一日3分足指ストレッチ→こちら

足にいい靴とは?

スニーカーでは、靴を履いた時に、足指がしっかりと動く靴がいい。

まとめ

いかがでしたか?
この番組で、足の大切さが一人でも多くの皆様に伝わり、元気になられる方が増えることを願っています。

足と体のつながりについてわかりやすくもっと知りたくなった方は →こちら 足育とは?

足歩 理学療法士 中元幸美は、みらいクリニック認定フットアドバイザーです。
足のトラブル、体の痛み、お悩みにはフットカウンセリングをお待ちしております。

フットカウンセリングはこちら

また、足についての足育講演会・講座等もおこなっております。

足の講演会・講座はこちら
お問い合わせはこちらから

世界一受けたい授業 足指ストレッチ、足についてわかりやすく解説 足が痛い、ひざ腰が痛い人必見!番組内容” に対して1件のコメントがあります。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です